トレンドアフィリと資産型トレンドアフィリの違いとは?

トレンドアフィリは、現在話題になっている
芸能記事や、野球やサッカーなどの試合の
予想や結果、いわゆる今が旬ってものを
記事にして、一気にアクセスを集めるという方法で、
すごいときには、その記事だけで1万アクセスなど
集めれることもあるのが魅力的なのですが、
記事の寿命が短いという特徴があります。

ほんと寿命の短いものだと、
数時間程度とか、1日とかざらに
あったりするので、ひたすら更新して
行かなければいけないんですよね。

アクセスが集めれたら問題ないんですが、
ライバルも結構いたりして、
ライバルよりも先に記事を書いたり、
1日に何記事も書いたりと、
いわゆる労働になってしまうという
欠点があります。
その分利点もあるんですけどね。

でも、せっかく記事を書くなら、
ずっと読まれ続けるような
いわゆる資産となるような記事を書きたい
というのが僕の考えです。

この二つどう違うのかというと、

トレンドアフィリの方は、
たとえば、
芸能人が肝硬変で入院みたいな
出来事があったとしたら、

キーワードは、
「芸能人名 肝硬変 入院」
みたいな感じになるのですが、

資産型トレンドアフィリは、
ずっと検索され続けなければならないので、
芸能人名をキーワードから外します。

なので、これでいうと、
キーワードの大元は「肝硬変」についてになります。

肝硬変を主たるキーワードにすると、
芸能人が関係なくなりますので、
肝硬変について調べてくる人がターゲットとなるので、
ずっと調べられるというわけです。

これは、あくまでも一例ですが、
季節の旬なんかで行くと、
紅葉とか、熱中症、桜、花火大会、
インフルエンザなどの季節系の病気なども
季節を扱ったトレンドアフィリとなり、
毎年その時期になると爆発的に調べられますので、
息の長い記事となるわけです。

なので、資産型と言えます。
事実僕のブログも、
去年書いた記事(今だと夏系の記事)が
アクセスを結構集めています。

資産型は、トレンドアフィリと違い、
記事を書いた数時間後、数日後とかに
いきなり爆発的アクセスを集めるということは
できませんが、
たとえば、3か月前くらいに書いた記事が、
3か月後に爆発するということはありえますし、
また来年もアクセスを集める可能性が高いです。

これが、資産型トレンドアフィリと
トレンドアフィリの違いです。

いうなれば、不労所得なのか労働所得なのか
みたいなもんです。

なので、記事を書くなら息の短いものでなく
息の長い、ずっと調べ続けられるような記事を
積み重ねた方が、あとは放っておいても
収入が入ってきますので、
僕としては、資産型トレンドアフィリを
おすすめします。

双方ともにいえることなのですが、
誰にでも記事が書けるというものではなく、
それなりのライティングスキルを身に着ける
必要がありますが、身に着けると幅が結構広がるので、
身に着けておいた方が良いスキルですね。

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

コメントを残す




9 × = 九

CAPTCHA