腐った味噌汁からアイデアが生まれる!!

昨日作った味噌汁をお鍋に入れたまま、
置いておいて、今日の昼に食べたんですけど、
具を食べて、さあお汁を飲もうと少し口に
つけたとき・・・

ん????

なんか酸っぱいぞ(気づくの遅いww)

腐ってたんです・・・しかも半分くらい食べてから
気づくなんて。。。

幸い食中毒にはなりませんでしたが^^;

夏場だし、鍋に入れたままで置いといたのが
駄目だったみたいですね!!

この経験を活かす

さて、このように保存方法が間違ってたことに
気づけたわけですが、

このネタってアドセンスのネタとして十分使えますよね。
たとえば、お鍋に入れてた味噌汁だけとなると、
範囲が狭いので、広げてみると、

まず、出てくるのが「賞味期限」っていつまでなんだ??
とか、
そもそも保存ってどうやってやるんだ??

という疑問が出てくるのですが、
これをそのままワードプレスなどでサイトにしてしまうんです。

たとえば、
「食品の賞味期限」とか「食品の保存」とかですね。

こうすると、味噌汁だけでなく
他の食品も扱えるので、ネタには困りません。

他に出てくるものといえば、
「食品 腐る」みたいなキーワードですね。
腐ったらどうなるのか?というのが、わからない人が
ターゲットになります。

こうやって特化型サイトを作り上げれば、
月数万円程度はそのサイトだけで稼げるかと思います。

僕は、嘔吐とか腹痛、下痢みたいな食中毒症状は
出ませんでしたが、
これもネタとして扱うことができます。

食中毒の症状まとめみたいなサイトを立ち上げても
いいですし、
ある特定の食中毒の記事ネタだってかまいません。

特定の食中毒っていうのは、ノロウイルスとか、
O157とかですね。

その時期が来たら、必ず検索されるので、
記事を上位にあげてたら、かなりのアクセス
集めることができますよ!!

真っ向勝負は駄目!!

特定の食中毒の話なので、そのままの流れで
説明しますが、
「ノロウイルス 症状」とかでタイトルつけて
攻めてしまうと、もう競合がひしめき合ってるので、
上位表示されてるサイトよりも相当良い記事を
書き上げないと勝てないので、
ここは、キーワードをずらしたり、細分化していきます。

たとえば、「ノロウイルス 症状」というキーワードだと、
検索されるサイトが、190万件もヒットします。
症状を具体的に変えてみると、
「ノロウイルス 血便」
だと、54000件程度まで下がります。

競合めちゃくちゃ減りましたね。

もっとキーワードを細分化。2語ではなく3語で攻めるのも
いいですね。

「ノロウイルス 子供 下痢」
「ノロウイルス 子供 嘔吐」
「ノロウイルス 子供 お風呂」
「ノロウイルス 子供 ご飯」
とか、
子供の部分を妊婦とか授乳に変えてもいいし、
「ノロウイルス 予防接種」とかね。

他にも、「ノロウイルス 仕事」などのキーワードから
休むのか休まないのか、復帰はいつからなのか、
診断書は必要なのかとか、いろいろ出てきます。

で、こういったキーワードの探し方なんですが、
わからなかったら、
そのまま単体キーワード打ち込んでYAHOOで
調べてください。
で、虫眼鏡に複合キーワード出てきたら、
そこから枝わけしていったらいいし、

「知恵袋」なんかの質問サイトみて、
みんながどんなことで悩んでるのか
見ると、いろんなキーワード出てきますよ。

もちろん、これってノロウイルスだけでなく
すべてにおいて、使えるので試してみてください。

腐った味噌汁から、思ったまま書いたら、
最後ノロウイルスまでなりましたが、

腐った味噌汁からでも
いろんなアイデアが生まれるってことです^^

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

コメントを残す




× 一 = 1

CAPTCHA